艶、コシ、味、三拍子そろった真っ白な半田素麺をぜひご賞味ください。
職人気質で手延べ製法にこだわった半田そうめんは森脇製麺。

そうめんと半田そうめんの違い

なんといっても、半田そうめんの特徴は麺線の太さとコシの強さにあります。これってそうめん?半田そうめんを初めて手にした人は、そのしっかりとした麺線に驚くのではないでしょうか。

そーめん

半田そうめんは1.3ミリから1.7ミリくらいの太さで作られています。ただ太いだけでは冷麦やうどんと変わりませんよね。違いは、太くつくることによって小麦の風味が生き、小麦独特の甘みがぐっと引き出されます。さらに、強いコシがもちもちの食感を作り出し、噛みしめたときの香りを豊かにするのです。

「冷麦にないコシ、うどんにない絶品の喉越し、この二つを両方あわせ持つのが半田そうめんの特徴なのです。」調理が簡単で見た目にも涼しく、夏バテ気味の胃にツルっと入るそうめんは、夏だけでなく温めて「にゅうめん」として食べられているため、年代を問わず好まれています。

そうめんとは



索餅

今から1700年前の中国から伝わり、奈良時代に索餅(さくべい)として誕生したのが始まりと言われています。その頃と形や食べ方は異なっていたものの、どの時代にも共通するのが「おもてなし料理」ということでした。当時、庶民が気軽に口にすることができなかったそうめんが、一般的に食べられるようになったのは、そうめん作りが盛んになった江戸時代とされています。

 

半田そうめんの歴史

300年程前、平田船の船頭が自分達で食べるため、家族や農家の人々の冬場の副業で作り始めたのが始まりとされています。その特徴は、皆さんが普段よく口にするそうめんよりも太く、コシが強いとして知られています。コシが楽しめて喉越しが良く、風味も抜群!そのうまさは、半田そうめん音頭で「コシの強さにノドが鳴る」と歌っているくらいです。

 

半田そうめんの美味しい食べ方

通常、そうめんは1.3mm未満とされているのですが、半田そうめんは通常のそうめんより少し太さがあるのが特徴です。そうめんと言えば「夏に食べる冷やしそうめん」のイメージが強いですが、半田そうめん特有の太さ・コシの強さから温めても伸びにくく、にゅうめんやパスタ、ビビンバ風など様々なアレンジができます。

森脇製麺の半田そうめんは、最低限の機械と手作業で作られており、大量生産では真似できない手作り感、こだわりの味です。コシの強さはもちろんのこと、上品な甘みと豊かな風味が際立つ麺となっております。

森脇製麺では少し細めのSサイズから、極太のLサイズまで取り揃えており、ご家庭用から贈答用としても喜ばれます。通販ならではのまとめ買いができるよう、送料無料の箱入りもご用意しておりますので、ぜひこの機会にお取寄せください。

ホーム » そうめんと半田そうめんの違い
 

ページトップへ